fc2ブログ

記事一覧

NN動物病院へ 右眼変わらず&体重激減

体重8.54kg

右眼が1ヶ月前くらいから視野が狭まった気がするので
眼科へ。

今回は初めて、眼科に特化しているT先生に診ていただいた。

痩せたかとは思ってたけど、まさかの
体重8.54kg.

これはショックだった!

食事を野菜多く炭水化物少なくという
療法に変えて、
痩せるとは思っていたけど、
目の当たりにすると焦る。

やはり炭水化物は増やそうと思う。

昨日膿皮症疑惑も出たし、
栄養をつけたいところ。

繊維多い食事で排便回数も
1日多いときは2回になってるから
痩せるのも納得はしてるけど。。

ハイシニアで痩せるのはやっぱり気になるなあ。

右眼の方は、
ぶどう膜炎無し、結膜炎無し。

T先生は角膜の凹みを気にしてくださった。

ジクロフェナクやめて
0.3パーのヒアルロンにすれば
角膜の凹みは戻るかもしれないらしい!
年齢があるからどうかな、、とはおっしゃってたけど。

0.3パーの点眼を取り寄せてくださることになったから、
ジクロフェナクをなるべく控えめにして、
角膜の修正を試みることに。

やっぱり角膜に凹みがあると、
モヤモヤってみえるみたい。

治してあげたい。

以下、備忘録。

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎
右眼

・角膜の凹み
➡︎ヒアルロン酸は濃い方が良い。0.1ではなく0.3。
角膜開いちゃってる。獣医によって方針違う。

・充血無し

ジクロフェナク防腐剤が入っていなくても、
Nせつ自体が角膜の保護に良くない。
0.5はねんちょうせいが上がるので留まりやすくはなる。
もとは関節に注射するヒアルロン酸。
それを希釈して使う。
効能外使用。

目の奥(ぶどう膜炎)を考えるなら、角膜が痛む。
角膜を守るなら、ジクロフェナクやめる。
難しい問題。
ぶどう膜炎の再発も考えなくてはならない。
角膜は守られる。 

他の方法としては、ジクロフェナクやめて
全身投与。
飲み薬。抗炎症剤を飲むのもひとつ。
ただ高齢だから長期は飲まない方が良い。
腎臓に影響でる。
飲むとしたらオンシオールなど。

迷路試験は無し希望。

右からも左からも見えてる。反応あり。

傷検査無し希望。

凹みは落ち着いている状況。

眩しいのも感じている。

ジクロフェナクのおかげか
ぶどう膜炎の所見は無し。
綺麗。
傷はあるけど。

結膜炎は充血があるかでみちゃうけれど
それも無し。

傷のせいで白内障があるかがわからない。
さんどうさせれば見れるけど
角膜を考えるとやらないほいが良い。

緑内障検査は無し希望。

眼圧徐々にあがると
痛みはいきなり来ない場合も有り。

ぶどう膜炎があると
虹彩から角膜までの間が白く濁る。
本来は透明。

これがジクロのおかげと考えると
やめるとぶどう膜炎が再発するかもしれない。

ぶどう膜炎が起きれば
濁りが出たり充血にもつながる。

難しいところだが、
角膜を考えるならジクロやめるのも1つ。

分院では
白内障があるから予防のために
ジクロフェナクが出たよう。

白内障が進行していくと、
ぶどう膜炎になる可能性はある。

初発、未熟なら様子見るが
未熟でも水晶体が原因で
ぶどう膜炎を引き起こすことはある。

分院のカルテには白内障の記載無しだった。

0.5は刺激っぽいネバッとする。
眩暈?にも残るから、眼瞼の原因になる。
保湿の力は上がる。

先生だったら0.3
凹み治ったらラッキー。
これ以上悪化しないようにというところに重きを置く。

リュウから見た視界。
角膜の凹みにより、何か乗ってるなという感じはある
白内障があるなら、
フィルターがかかってて、そこにまた乗ってる感じ。

傷は0.1パーで割となんとかなっちゃう。

結果、
なるべくジクロを挿さずに、
ヒアルロン0.3にして傷の修正を試みることに。
様子をみながら充血したらジクロを挿す。






















ランキングに参加しています。
ポチっと押してくれると嬉しいワン♩↓
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村

いくつになったの

プロフィール

UBI

Author:UBI
宮古島で保護した愛犬との生活日記♪
愛犬の幸せが私の幸せ!!
大好きなホリスティックケア、トレーニング、保護について綴ります(*^^*)
宮古島の犬事情についても。

家庭犬インストラクター/パピースクールインストラクター。
問題行動の修正&予防/殺処分ゼロを目指します。

詳細は以下をご覧ください↓
https://www.55doggy-pupu.com/

【経験・資格】
・パピースクールインストラクター
・Doggies911アカデミー@L.A.修了
・公益社団法人 日本動物病院協会認定 
 「インストラクター養成コース」講義課程修了
・JCSA認定 ドッグトレーナー
・愛玩動物飼養管理士
・他、生食・ハーブなどのセミナー受講

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター